So-net無料ブログ作成

母と暮らせば クランクアップ 二宮和也 吉永小百合 サユユ [エンタメ]

小百合、二宮抱きしめた「本当の息子みたい」12月12日公開映画「母と暮せば」クランクアップ

12月12日に公開予定の女優の吉永小百合(70)と嵐の二宮和也(32)が親子役で初共演する山田洋次監督の映画「母と暮せば」のラストシーンが長崎市内の黒崎教会で行われました。

この物語は、終戦から3年経った1948年の長崎を舞台に、原爆投下で亡くなった医学生の息子・浩二(二宮)が、助産師の母・伸子(吉永)のもとに亡霊となってひょっこり現れます。2人は昔話や一番の関心ごとである浩二の恋人・町子(黒木華)の話をしながら奇妙で楽しく、そして幸せな日々を過ごしますがその時間は長くは続かないというものです。吉永演じる助産師と、原爆で命を落とし、亡霊となって現れる二宮扮する息子の交流を描くやさしく泣けるファンタジーです。

7月10日のクランクアップでは母・伸子が天に召されて息子・浩二と新たに旅立つ幻想的なラストシーンが撮影されました。

hahatokuraseba.jpg


この映画は松竹120周年記念映画で広島を舞台に父と娘を描いた「父と暮せば」の原作者、井上ひさしさんがその対となる「母と暮らせば」という作品を長崎を舞台につくりたいと話していたことの遺志を継ぎ、山田洋次監督が制作した作品で、終戦70年の節目に公開されます。

撮影後の山田洋次監督から二人は現場で「恋人に見える」「アツアツ」だったことも披露されました。
「とっても甘いトロ~ンとした感じが漂っていいた」と話していました。


吉永は「初めて会った日から、私の本当の息子なんじゃないかと思うくらい寄り添うことができた。かわいい息子」と微笑んだようで、、役作りのため二宮に幼少時の写真を貸してほしいと頼んだとの事です。

一方、二宮も「すごく優しいお母さんで、カットが終わるたびに『良かったね』と。1度だけ終わった時、抱き締めていただいた。すごくいい思い出」と語ったようです。

また、それに対し吉永は「あんまり素敵なお芝居だったので」とのコメント。

吉永は二宮を「和也さん」と呼び二宮は吉永を「サユユ」と呼び合う程の仲むつまじかったようです。

また、浩二の恋人・町子役の黒木華は戦争を知らない世代でもあることから、この作品を通じて少しながら戦争のことを知ることができていいきっかけになったとのことです。長崎で撮影できたことも非常に嬉しいとコメントがありました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。